乃木坂・梅澤美波 選抜入り逃し舞台出演「私たちに与えられた試練」

2018年04月06日 18時49分

囲み取材でポーズを取る乃木坂46メンバー

 乃木坂46の3期生メンバー8人(佐藤楓=20、岩本蓮加=14、吉田綾乃クリスティー=22、阪口珠美=16、向井葉月=18、梅澤美波=19、伊藤理々杏=15、中村麗乃=16)が6日、都内で初公演を迎えた舞台「星の王女さま」のゲネプロと囲み取材を行った。

 同舞台は、仏作家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作「星の王子様」をモチーフにした作品だ。

 公演を行う3期生メンバーは、20枚目のシングル「シンクロニシティ」(25日発売)の選抜メンバーから外れた8人。3期生からは大園桃子(18)や与田祐希(17)など4人が選抜入りしている。

 昨年10月の舞台「見ごろし姫」には、今回選抜入りしたメンバーを含めた3期生12人が参加。

 梅澤は選抜入りを逃したことに「やっぱり悔しい」とポツリ。「私たちに与えられた試練だと思う。苦戦しながら稽古をやってきた」と振り返った。

 同作で愛で育てたバラを残し、惑星を巡る王女さま役を演じた伊藤は「(前回と比べて)人数が少ない分、不安や心配もあった」という。それでも「この8人でも、たくさんいいものを届けて感動してもらいたい。楽しんで見てもらえたら」と意気込んだ。

 同公演は、東京・品川「天王洲 銀河劇場」で15日まで、愛知「春日市民会館」で26~28日まで行われる。

関連タグ: