浅川梨奈セカンド写真集 攻めの姿勢で大ブレークつかみ取る

2018年04月02日 16時30分

浅川梨奈

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」浅川梨奈(18)が1日、都内で写真集「NANA」発売イベントを行った。

“1000年に一度の童顔巨乳”というキャッチフレーズで、グラビア界を席巻している浅川のセカンド写真集は昨年、米ロサンゼルスで撮影された。「昨年(ファースト写真集)とは違った自分を見せたい、大人になった自分を見せたいなということで、攻めたカットとかも入れさせていただいて。布の面積が減りました。今までの人生で一番顔面コンディションが良かった」と笑顔でPR。

 浅川の言葉通り、過激ショットは満載で、初のTバック着用ショットなども掲載されている。「自分らしく際どいショットだとしてもノリノリで撮影できました。Tバックはくと、蒙古斑のあとがあるんですよね。消してもらいました」と告白した。

 3月で高校を卒業し、この日から“新社会人”となった。「一つひとつの仕事に今まで以上に力を入れて、自分のやりたいことに向かって社会人になれたらいいなと思います」と抱負を語った。

 2015年にグラビアデビューをしてからの活躍は目覚ましいものがある。これまでグラビア誌などで表紙を飾った回数はなんと62回にもなり「第4回カバーガール大賞」(2017年1~12月に雑誌電子書籍で表紙を飾った回数を競う賞)では有村架純、乃木坂46・白石麻衣に次いで3位。コミック部門1位、10代部門1位を獲得した。「グラビアではセクシーな姿を見せているが、アイドルなのにアイドルオタクというキャラの持ち主。ざっくばらんな性格で、掃除をまったくしていない自分の部屋をテレビで公開して大きな話題になったことも。トークもできるので、大ブレーク目前です」とテレビ局関係者。

 高校を卒業して、より仕事にかけられる時間も増えたことで、グラビアのみならずバラエティー番組でも引っ張りダコとなるだろう。