元乃木坂46伊藤万理華 初写真集はスタイリストも兼任

2018年02月20日 20時17分

ケーキを贈られた伊藤万理華

 昨年12月に乃木坂46を卒業した伊藤万理華(22)が20日、都内で初写真集「エトランゼ」の発売記念イベントを行った。

 元人気アイドルらしからぬ茶色の私服のスーツ姿で登場。「誕生日なのでフォーマルがいいかなと思って。最近はセットアップのパンツスーツを集めてるんです」と話した。

 撮影は昨年11月に香港で行われた。自身がスタイリストを務め、衣装やアクセサリーの約8割は私物という“セルフプロデュース”写真集だ。現地に大きなスーツケース3個分を持参したといい「現地で衣装を買い足したりして。観光という気持ちがなくて、あんまり香港を満喫できませんでした」と苦笑いを浮かべた。

 この日は22回目の誕生日。特製ケーキでサプライズ祝福されると「ここからがスタート。初心に帰る気持ちで頑張って、楽しんでいけたらいいですね」と抱負を語った。

 水着や下着姿も披露しているが「意外と大丈夫でした。あまり抵抗はなかったです」とあっけらかん。「点数をつけるとしたら」と聞かれると「満点です! 積極的に関わりたいと思って、けっこう死ぬ気でやったので」と出来栄えに胸を張った。

 今後の活動については「映像のお仕事に関われたらいいな。スタイリングに関わったり、一緒に一員として作っていきたい。そんな簡単にできることではないんですけど、求められたものに応じていろいろ挑戦してみたい」と明かした。

関連タグ: