「欅坂46」平手友梨奈 全治1か月で離脱の波紋

2018年01月15日 16時30分

平手友梨奈

 アイドルグループ「欅坂46」のエース・平手友梨奈(16)の“負傷休養”が波紋を広げている。

 欅坂46は13日夜の公式サイト上で、平手が右腕上腕三頭筋を痛めて、全治1か月と診断されたことを発表。グループは31日から2日間、日本武道館で公演を行う予定だったが、運営側は「万全のパフォーマンスが困難」との理由で、同公演を姉妹グループの「けやき坂46(ひらがなけやき)」の単独公演に振り替えることも発表された。公式サイトは「ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配をお掛けいたしますが、引き続き欅坂46の応援をよろしくお願い申し上げます」としている。

 平手が負傷したのは、昨年末の「NHK紅白歌合戦」で「不協和音」を歌唱中のときのこと。メンバーが順番に床に倒れるという振り付けをした際、平手は右腕を強く床に打ち付けた。その後も右腕をかばうシーンが見られ、司会の内村光良(53)とのコラボの直後、床に倒れこんだが、その時には「過呼吸のような症状」との発表だったが、実は平手には耐えがたい痛みが走っていたようだ。

 大事な時期でのエースの離脱は大きいが、音楽関係者は「けがの功名というか、平手さんにとってはいいリフレッシュになるのでは」と指摘する。

「平手さんは欅のエースとして、1年間フル回転だった。昨年暮れは特に疲れがたまっていたのも事実です。離脱の責任を感じているでしょうが、公演は頼もしい仲間に任せて、しっかりとけがを治したほうがいい。休養で自分を見つめ直し、リフレッシュできることで、さらに成長できるチャンスにもなる」(前出関係者)

 この試練を乗り越えた時に平手が“絶対的エース”となって帰ってくるはずだ。