ラストアイドルがデビュー曲発売イベント開催 4つのセカンドユニットも集結

2017年12月19日 20時30分

デビュー曲「バンドワゴン」を披露するラストアイドル

 テレビ朝日系のオーディション番組を勝ち抜いた7人で結成されたアイドルグループ「ラストアイドル」が19日、東京・豊島区のサンシャインシティ噴水広場で、デビューシングル「バンドワゴン」(20日発売)の発売記念ライブを行った。

 同グループはAKB48、乃木坂46の〝生みの親〟秋元康氏(59)が手がける。イベントは番組の収録を兼ねており、惜しくもメンバー入りを逃した候補者たちで結成されたセカンドユニット「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」も参加。ラストアイドルファミリー全員が集結した。

 番組MCの伊集院光(50)は「このステージで司会をやるのは牧瀬里穂(46)のデビューイベント以来。僕もおじさんになった」と笑いを誘うと「あの大谷翔平選手(23=エンゼルス)でも、3年生の時に(県大会)決勝で負けている。いろんな道があって、どこでどうなるか分からない」と、セカンドユニットの面々にハッパをかけた。

 ラストアイドルの安田愛里(18)は感極まり「鼻水が…。本当は私たちが皆さんに元気や勇気を与えなきゃいけないのに、皆さんから力を与えてもらった。とても未熟だと感じた。感謝してもし切れない」とコメント。

 ファミリー最年長の吉崎綾(21)は「(メンバー選考の)4か月間が長く感じて、何度やめようと思ったことか。(安田と)2人で飲食店で泣いたこともある。本当につらかった。頑張ってよかった」と喜んだ。

 また、最終枠で滑り込んだファミリー最年少の大石夏摘(13)は「まさかここで踊れるとは思っていなかった。これからがスタートなので、皆で成長していきたい」と気を引き締めた。

 来年2月14日にはラストアイドルファミリーで、バレンタインスペシャル単独ライブ(Zepp東京)を行う。