欅坂46長濱ねる 初写真集自己採点「510点」のワケは?

2017年12月19日 17時25分

初写真集「ここから」の発売記念イベントを行った長濱ねる

 アイドルグループ「欅坂46」の長濱ねる(19)が19日、東京・新宿区の福家書店新宿サブナード店で初写真集「ここから」の発売記念イベントを行った。

 長濱は3歳から7歳まで長崎県の五島列島で育ち、写真集の撮影もその五島列島で行われた。「4泊5日のスケジュールだったんですが、自分にとっては帰省のような感じもあって、すごくリフレッシュできました」

 撮影中には昔、お世話になった人との偶然の再会もあり、その際にハグしたシーンも作品には収められている。水着にも初挑戦し「すごく恥ずかしかったです。自慢の部分? ないです」とはにかみ、写真集の出来栄えについては「510点! 五島の510です!」と笑わせた。

 多忙だった今年一年を振り返り、1文字の漢字で「練」と表した。その理由は「たくさんの試“練”を乗り越えて成長できたので。あと、私の名前の“ねる”の意味もあります」。

 大みそかには2年連続となる「NHK紅白歌合戦」出場も控える。「たくさん練習して、いいパフォーマンスができるように、みんな気合が入っています」と意気込んだ。

関連タグ: