中2の天才作家・鈴木るりか ライバルは乃木坂「追いつけ、追い越せ、白石麻衣!」

2017年10月27日 18時20分

天才作家の鈴木るりか

 デビュー作の短編集「さよなら、田中さん」(小学館)が発売わずか10日間で3万2000部を突破し、“文学界の藤井四段”と注目される中学2年の天才作家・鈴木るりか(14)が27日、都内で行われた「2017年 小学館 第8回 新企画発表会」に出席した。

 鈴木は同社主催「12歳の文学賞」で、史上初めて3年連続大賞を受賞。作家の石田衣良氏らがその才能を絶賛している。

 10月17日の誕生日に作品を発売した鈴木は「4年前、副賞につられて締め切り日前に、たった4時間で書いた11枚の小説が、本になるなんて誰が思うでしょう。うれしかったが、書く時間より赤が入ったゲラを直す時間のほうがはるかに長かった」と感想を語った。

 そして「あまり考えないようにしていたが、母が発売まであと何日という紙を家に張り出した。それを見た父が『まるで宇宙戦艦ヤマトみたいだな。あれ最後滅亡するからな』とつぶやいた。私の誕生日なのに」などとユーモアを交えてエピソードを披露した。

 さらには「水着にこそなっていないけど、発売前から重版がかかった。追いつけ、追い越せ、白石麻衣! いよいよ白石麻衣のケツ、いや背中が見えてきた」とコメントすると、会場は大ウケ。

 セカンド写真集「パスポート」(講談社)が10万部を超える大ヒットを記録した乃木坂46の白石をライバル視してみせるなど、とても14歳とは思えないユーモアたっぷりのコメント力を見せつけ、文章のみならずバラエティー向きの才能も発揮した。

関連タグ: