乃木坂・伊藤万理華 初の個展で卒業決意「やり切っている感じ」

2017年10月04日 18時07分

自身初の個展に笑顔を見せる伊藤万理華

 乃木坂46の伊藤万理華(21)が4日、自身初の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」(5~15日、東京・GALLERY X BY PARCO)の内覧会に出席した。

 同展では、伊藤の私服や写真などが展示されている。「一から制作に関わったのは初めてだったので大変だったんですけど、こうやって形になってうれしいです」と笑顔を見せた。

 6月から個展準備をしてきたが、その途中で乃木坂46からの卒業を決めたという。2日にブログで卒業を発表後、初めて公の場に登場した伊藤は「乃木坂の1期生として6年間活動してきて、やっと個展を開けるって知って。ここで自分の存在意義を皆さんにお伝えできると思ったら、やり切っている感じがしました。スッキリしそうだなって思いました」と心境を明かした。

 年内は乃木坂46のメンバーとして活動。「やれることはやったので、私にできることはメンバーと楽しく過ごすことと、ファンの皆さんに今まで応援してくれてありがとうって感謝を伝えることです」と語った。

 卒業後についてはまだ具体的に決まっていないそうで「自分の好きなものを発信していけるようになれたらいいかな」と笑みを浮かべた。

関連タグ: