乃木坂46高山一実 貯金額は20代の女の子の「5倍ぐらいは」

2017年10月01日 18時45分

高山一実

 アイドルグループ「乃木坂46」の高山一実(23)が1日、都内で「お金がずっと増え続ける 投資のメソッド――アイドルのわたしでも。」の出版イベントに出席した。

 高山は実際に200万円の資金を元手に金の投資に初挑戦。“伝説の相場師”と呼ばれた奥山泰全氏(現マネーパートナーズ社長)の講義と指導の下、投資のノウハウを修得していく、自身初のビジネス書だ。

 現在も投資を続けており「資本金200万円でやってるんですけど、今1年やってて。これから10年間の計画を見据えていたんですけど、何か買いたいよりも、父と母に私にかけたお金を返そうと思ってます。この前、父にも連絡しました。『10年後にいくら(お金を)あげられます』と具体的な額も言ったんですけど、それは言えません(笑い)。でも、家1軒買えるぐらい」と明かした。

 多忙なアイドル活動の傍ら、投資を勉強、実践してきた。昨年8月の神宮球場での全国ツアーでは、乃木坂メンバーも応援してくれたという。

「夜にリハーサルをやった時、金の変動があって。自分の出番じゃない時に裏で取引したりしてました。買い直したり注文してる時にメンバーから『何してるの?』と言われたので、『投資してるよ』と。みんな『頑張って!』と応援してくれて。メンバーの若月佑美ちゃんは『どんなことしてるの?』と聞いたりしてくれました」

 また「投資で得た知識をアイドル活動に生かせるとしたら」と問われると「ファンの皆さんが、利益が出たら『その利益で私を応援してくれる』って言うんですよ(笑い)。写真集とかみんな買ってくれたら、乃木坂全体もCDが売れて…すごいことになる。アイドル活動に生きてくると思います」とよこしまな回答で笑わせた。

 なお、テレビ番組で日々節約し、かなりの額を貯金していることを明かしていた高山。気になる貯金額について、本紙が追及すると「いや、たいした額じゃ…」と謙遜しながら「そうですね、同世代の20代の女の子たちよりは…まあ、5倍ぐらいは」と再び報道陣の笑いを誘った。

関連タグ: