乃木坂・西野“なぎなた師匠”サプライズ登場に涙

2017年09月22日 19時30分

サプライズ演出に涙ぐむ白石(左)と西野

 主演の西野七瀬(23)をはじめアイドルグループ「乃木坂46」メンバーが多数出演する映画「あさひなぐ」が22日、公開初日を迎えた。東京・新宿のTOHOシネマズ新宿では初日舞台あいさつが行われ、西野と桜井玲香(23)、松村沙友理(25)、白石麻衣(25)、伊藤万理華(21)、生田絵梨花(20)、女優・富田望生(17)、英勉監督が登壇した。

 この映画は、高校に入学した、西野演じる運動音痴の主人公がなぎなたと出会い、仲間とともに成長していく青春ドラマ。この映画に出演するまで、なぎなたの存在すら知らなかったという西野は「原作を読んでも専門用語が多くて『難しいな』と思っていた。だから、(なぎなたの)試合とかは自分たちでは、やらないんだろうなと思ってました」と明かす。

 ただ稽古を始めるうちに「なぎなたを自分たちでできたらいいな」と思い始めたとか。そこで意を決して、英監督に「自分でやりたいです!」と直談判したところ「そのつもりです」とあっさり認められたという。

 またこの日は、なぎなたの指導にあたった全日本なぎなた連盟の吉井和代氏と同連盟所属の大学生がサプライズで登場。西野ら出演者が「まさか、来ていただけると思わなかった」と涙を見せる一幕もあった。

関連タグ: