乃木坂46西野七瀬 なぎなたに悪戦苦闘「足の裏の皮がめくれそうに」

2017年08月28日 20時04分

左から英勉監督、松村沙友理、桜井玲香、 西野七瀬、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花

 アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーが28日、都内で行われた映画「あさひなぐ」(9月22日公開)完成披露上映会に出席した。

 高校のなぎなた部を舞台にした同名の漫画が原作で、乃木坂46のメンバーが多く出演している。この日はメンバーから西野七瀬(23)、桜井玲香(23)、松村沙友理(25)、白石麻衣(25)、伊藤万理華(21)、生田絵梨花(20)の6人に加え、女優・富田望生(17)、英勉監督が登壇した。

 なぎなたの経験はなく、1月から練習を開始して撮影に臨んだ主演の西野は「足の裏の皮がめくれそうになったり、腕が筋肉痛になったりとか。(なぎなたは)想像以上に大きいし重いし、難しかったです。なぎなたもみんな頑張ったので、格好いいなと見てもらえればなと思います」

 桜井は金髪で言葉遣いが悪い女子高生の役を演じた。「人生で初めて金髪にしたりとか。苦戦しました。意外と舌打ちって難しいんだなと思いました。監督は『もっと暴言を吐いてくれ、ののしってくれ』と言うんです。それでどっち(演技か暴言)に集中していいのか分からなくなって、大変でしたね」と予想外の苦労を明かした。

関連タグ: