「乃木坂46」が“国際的”アイドルグループ宣言

2013年01月10日 14時00分

 米人気俳優のトム・クルーズ最新作「アウトロー」ジャパンプレミアが9日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで開催され、AKB48の公式ライバルグループ「乃木坂46」がレッドカーペットに登場。“国民的”を超える“国際的”アイドルグループ宣言をした。

 世界的な人気俳優を前にセンターの生駒里奈(16)は「日本だけじゃなく、いろんな国(のマスコミ)から取材を受けたのは初めてでした」と興奮気味に振り返った。

 今月7日に「第27回日本ゴールドディスク大賞」が発表され、乃木坂46は「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門を受賞。デビュー年となった昨年は、シングル4作中3作で初週売上で1位を獲得。ライバル・AKBの背中が確実に見え始めている。 

 メンバーの若月佑美(18)は「ライバルのAKBさんは国民的アイドルグループと言われていますけど、私たちは日本はもちろん世界に飛び出して“国際的アイドルグループ”と呼ばれるように頑張りたいです」とライバル超えを宣言した。

 さらに、海外留学経験があり、語学堪能な安藤美雲(19)は「いつかアメリカでライブをするのが夢です」と流暢な英語で決意表明していた。

 

チェーン男「真壁」vsガスマスク女子「スチームガールズ」