欅坂46“美のツートップ”「ヤンマガ」でまぶしい美脚を披露

2017年07月03日 06時00分

「ヤングマガジン31号」で表紙&巻頭グラビアを飾る欅坂46・菅井友香(左)と渡邉理佐 (c)細居幸次郎/ヤングマガジン

 欅坂46の菅井友香(21)と渡邉理佐(18)が3日発売の「ヤングマガジン31号」(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。まぶしい美脚とキュートな笑顔を披露している。

 

 欅坂46は2016年4月にデビューし、「サイレントマジョリティー」「不協和音」などのヒット曲を連発。瞬く間に人気グループとなった。

 

 リーダーとしてグループをまとめる菅井は、上品な顔立ちだけでなく、小学校5年生の時に馬術を始めた“リアルお嬢様”。今号ではキラキラの笑顔だけでなく、ショートパンツ姿でスラッと伸びた美脚を見せつけている。

 

 一方の「ベリサ」こと渡邉は小顔と抜群のスタイルを生かし、ファッション誌「non―no」の専属モデルとしても活躍中。今号でも「モデルとして撮影は最初緊張したけど、今はすごく楽しいです」と語るように、“慣れた”表情でクールビューティーを存分に表現している。ミニワンピースからのぞく美脚もまぶしい。

 

 浜辺のカットでは水着ショットこそないものの、欅坂46「美のツートップ」ともいえる2人が無邪気な表情をのぞかせている。

 

 19日には待望の1stアルバム「タイトル未定」をリリースする欅坂46。中心メンバーとして活躍する2人からますます目が離せない。

関連タグ: