乃木坂46 CM&写真集絶好調でも「バラエティー露出少なめ」のワケ

2017年03月15日 11時00分

左から生駒里奈、齋藤飛鳥、衛藤美彩

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈(21)、齋藤飛鳥(18)、衛藤美彩(24)が13日、都内で行われた「スラっと スラテクノスーツ」の新CM発表会に出席した。

 16日から放送される新CMに出演する3人は、新発売された健康志向のビジネススーツに身を包んで登場。「何か燃えていることは?」と聞かれると生駒は「3期生が加入して、今度のシングルには3期生の楽曲も入っている。若い子たちのフレッシュな姿勢を見ると、この子たち燃えているな、輝いているなって思います。そういうフレッシュさをプラスに私も燃えたい」と力を込めた。

 今年に入って、乃木坂メンバーは「明治」「マウスコンピューター」「ブルボン」「タウンワーク」「フォーチュンミュージック」「スマートネクスト」など多数のCMに出演。出版界でも争奪戦となっていて、今年はすでに5人のメンバーがソロ写真集を発売。

 白石麻衣(24)のソロ写真集「パスポート」は2月20日付のオリコン週間BOOK総合ランキングで1位を獲得。週間売り上げ10・4万部は、女性ソロ写真集として同ランキング史上最高記録となった。

 勢いを増すグループだが、不安がないわけではない。テレビ局関係者は意外な弱点を指摘する。

「大ブレーク中にもかかわらず、ゴールデン帯のテレビ番組で見る機会は少ない。バラエティー露出を控える戦略もあるとは思いますが、おとなしいメンバーが多いため、番組ではなかなか目立てない。『キレイだけど、テレビ的に使いづらい』と起用に二の足を踏んでしまう状況がある」(同)

 イベント後の囲み取材でも、リポーターや記者がなんとか場を盛り上げようと四苦八苦するシーンが目立っている。

「最近は囲み取材が始まる前から、報道陣に諦めムードも漂ってしまっていることもある」(同)

 デビューから5周年を迎えた乃木坂。殻を破るメンバーの台頭が望まれているようだ。

関連タグ: