「ラルク」のギター・ken 極秘に再々婚していた

2017年02月28日 16時30分

再々婚していたことが分かったKen

“隠れ妻帯者”は他にもいた! 日本を代表するロックバンド「L’Arc~en~Ciel」(ラルクアンシエル、以下ラルク)のギター・ken(48)が昨秋、極秘に再々婚していたことが分かった。デキ婚で、お相手は20代の一般女性。自身にとって初めての子供となる。結婚の事実を公表していなかったのは、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)、「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田祐馬(26)に続く事態となった。

 1990年代後半に邦楽シーンの頂点に立った4人組グループのギタリストが、ひそかに3度目のゴールインを果たしていた。関係者が明かす。

「お相手は20代だそうで、年齢がひと回り以上離れた年の差婚。kenにはこれまで子供はいなかったが、今回はデキ婚で第1子が生まれたようだ。性別までは分からないけど。本人も相当喜んでいるみたい」

 新妻は女優・波瑠(25)や芸能界を引退した元「乃木坂46」橋本奈々未さん(24)に似た美女だそうで、ボーカルのhyde(48)、リーダーでベースのtetsuya(47)、ドラムのyukihiro(48)も祝福しているという。

 kenはラルクの楽曲を最も多く作曲してきた。1997年のヒット曲で、バンド名の日本語訳でもある「虹」や98年のミリオンセラー「花葬」、2000年のミリオンセラー「NEO UNIVERSE」などを作曲。この曲は03年の皐月賞、ダービーの2冠馬ネオユニヴァースの馬名の由来とされる。

 ダム好きの一面があって日本各地のダムを見に行っており、テレビ朝日系深夜バラエティー番組「タモリ倶楽部」では、タモリ(71)とダム談議に花を咲かせた。

 2度目の離婚後の05年には、女優・田中麗奈(36)との交際を伝えられた。破局後の09年には報道陣の取材に対し、自身の再々婚について「未知数」と苦笑いしていた。

 ミュージシャンでは、タレント・ベッキー(32)との不倫騒動で猛批判を浴びた川谷と、宗教団体「幸福の科学」への出家騒動の渦中にある女優・清水富美加(22)の不倫相手だったカナブーンの飯田など、結婚を公に報告していない例が多い。

「実は、ラルクとカナブーンは同じ大手レコード会社所属。レコード会社の方針というわけではないでしょうけど、その両グループのミュージシャン2人が、結婚を明らかにしていなかったことになりますね」と音楽関係者は言う。

 ちなみにラルクの他のメンバーでは、hydeがタレントの大石恵(43)と、tetsuyaがタレントの酒井彩名(31)と結婚した。yukihiroは独身だ。

「50歳手前で3度目の結婚となり照れがあるのか、それともミュージシャンはステージ上のパフォーマンスで評価されるべきでプライベートは明かさないという主義なのか分からないが、kenもファンには真っ先に伝えるべきなのでは」(事情通)

 ラルクは結成25周年コンサート「25th L’Anniversary LIVE」(4月8、9日・東京ドーム)を控える。

 前出の音楽関係者は「ファンの前に姿を現して直接、報告するのはその場になるのでは」とみているが、果たして――。