乃木坂・高山一実 ハイテンション森田健作知事に驚き

2015年11月21日 15時08分

森田千葉県知事(右)と鏡開きを行う「乃木坂46」の高山一実

「乃木坂46」の高山一実(21)が21日、都内で行われた「千葉県アンテナショップ ちばI・CHI・BA」のオープニングイベントに、森田健作同県知事(65)と出席した。

 

 千葉・南房総市出身で、同市の観光大使も務める高山は「生まれも育ちも千葉県ですけど、人もみんないい人ばかりで海も近くて山もある。お花もいっぱいで、私はお花を見ながら登校してました。千葉県は本当にすてきなところです」とPRした。

 

 千葉・銚子市の名産のぬれせんべいが大好きだといい「房総出身ですけど、昔から好きで見るだけでテンションが上がっちゃうんです。イベントで余ったやつを何個かもらいました」とニンマリだ。

 

 途中から登場した森田知事とは剣道をたしなんできた共通点を持つ。

 

 高山は「私も10年間、剣道をやってきたので、剣道話をしたら盛り上がりそうですね。森田知事は剣道を扱ったドラマ(おれは男だ!)に出演されていたので、勝手に親近感がわいてます」と初共演にうれしそうな笑み。

 

 一方、森田知事も高山の剣道歴を聞くと「ウォ~!」といきなり面打ちのポーズ。高山も「強そうです!」と目を丸くしながら「ほんとに想像以上にユーモアにあふれた方。お客さんをあおるのも上手で勉強になりました」。会場に詰めかけた高山目当てのファンまで巻き込んだ超ハイテンションぶりに驚きの表情を浮かべた。

関連タグ: