乃木坂46・白石麻衣「故郷に錦」の意味分からず「ん? 錦?」

2015年09月29日 16時58分

左から秋元真夏、衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、深川麻衣、橋本奈々未

 10月10日から関東エリアで放送されるミネラルウオーター「From AQUA」のCMに出演する乃木坂46が29日、都内で会見を行った。

 

 会見には白石麻衣(23)、西野七瀬(21)、橋本奈々未(22)、秋元真夏(22)、深川麻衣(24)、衛藤美彩(22)の6人が制服姿で登場。

 

 新CMソングには13枚目のシングル「今、話したい誰かがいる」(10月28日発売)が起用されるが、白石は「年内ラストのシングルになる。紅白出場はメンバーみんなの目標の1つ。今年をみんなで笑って締められるように力を入れて頑張っていければ」と、悲願のNHK紅白歌合戦初出場へ気を引き締めた。

 

 同商品の採水地・谷川連峰がある群馬県出身の白石は「群馬県もアピールできれば」と決意表明。しかし、報道陣から「故郷に錦を飾りましたね?」と聞かれると「ん? 錦ですか…?」とキョトン。

 

 周りのメンバーから小声で意味を説明された白石は、「すいません!」と恥ずかしそうな表情を浮かべながら「親も喜んでくれると思うので、たくさんアピールしていきたい」と意気込んだ。

 

 イベント中、初めてCMを観賞した白石が「すごく透明感のあるCMで、水の妖精をイメージした、みんなが浮いてるところがかわいい」と話せば、西野は「水の妖精のみんなが水の中でゆらゆらしているところから、駅ナカに切り替わるところがすごくいいなと思った。まいやん(白石)のOLさんの姿にドキッとしました」と語った。

 

 また、“ぶりっ子キャラ”秋元は「不安だったけど、スタッフさんに『人魚みたい』とか『かわいいよ』とかたくさん言われて、楽しい気分になりました」とコメントすると、他のメンバーは苦笑い。

 

 報道陣から「このメンバーの中で一番妖精っぽいのは?」という質問が投げかけられても、秋元は「私しかいない!」と真っ先に挙手し、再び苦笑いされた。

関連タグ: