乃木坂46西野七瀬 親子3代食事シーン「黙々と食べた」

2015年06月28日 14時27分

前列左から白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈、生田絵梨香、橋本奈々未、後列左から丸山健志監督、若月佑美、桜井玲香、秋元真夏、深川麻衣

 乃木坂46の白石麻衣(22)、橋本奈々未(22)、西野七瀬(21)らメンバー9人が28日、都内で行われた映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」の完成披露試写会に出席した。

 7月10日公開の同作は乃木坂の面々の素顔に迫ったドキュメンタリー。より心を開放するため、メンバーによっては地元で撮影が行われた。

 白石は「ポイント、ポイントで胸がぎゅっとなるものがつまっていて、つらいことを乗り越えてきたから今の乃木坂46があると実感した。改めて乃木坂を大切にしていこうと思った」と感想を述べた。

 劇中、出身地・大阪の祖父の家で祖父と父と鍋をつついた西野は「撮影に余計な音が入ってはいけないから、テレビなどつけたらダメでしーんとした中、黙々と食べた」と笑いながら振り返った。

 橋本はあいさつ中にファンから「愛してる!」と声をかけられると、即座に「私も皆さんのことをわりと愛してます」とコメント。その後にあいさつの順番が回ってきた秋元真夏(21)は「私は全力で皆さんのことを愛してます!」と乗っかり、あざとさを見せた。

関連タグ: