乃木坂46 英語の冠番組スタートで「英検5級」取得を自慢

2015年04月30日 20時13分

乃木坂46の(左から)松井玲香、和田まあや、川後陽菜、北野日奈子、能條愛未

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の新冠番組が新たにスタートすることが30日、分かった。
 
 番組名は「乃木坂46えいご(通称、のぎえいご)」で、6月28日からスタート。毎月最終日曜の午後11時30分から30分間、CS放送のTBSチャンネル1で放送される。
 
 この日、レギュラー出演する川後陽菜(17)、北野日奈子(18)、能條愛未(20)、和田まあや(17)、初回ゲストの桜井玲香(20)が都内で囲み取材に応じた。
 
 高校2年生の和田は「現役の高校生なので、英語が得意」と豪語しながら「英検5級(中学初級程度)を最近取りました!」とドヤ顔で自慢。「周りは3級とか準2級とか受けていたんですけど…。先生から『和田にはこれ(5級)をお勧めする』と言われました。2回目で合格した」と笑顔で明かす。
 
 知ってる英語を聞かれると、和田は「ディクショナリー!(dictonary=辞書)」と得意げ。川後も「アイ(I) ライク(like) ナットウ(納豆)」と続くなど、やや先行き不安だ。それでも、話すことに恥ずかしさを感じないハートの強さは立派。
 
 同番組は日本人にもなじみのある英語のポピュラーソングを歌いながら英語を勉強するという。
 
 能條が「ニューヨーク、NY的なところで公演をやりたい」と話せば、川後は「海外でライブをした時に、英語でしゃべれるようになりたい」と海外公演を視野に入れる。
 
 一方、和田は「現地の人としゃべってみたい。友達になりたい」。北野は「海外でお買い物をした時に、間違ったものを買わないようになりたい」と現実的な目標を明かし、笑わせた。

関連タグ: