乃木坂46「3周年ライブ」で7時間半73曲熱唱 サプライズ続々

2015年02月23日 10時57分

3周年記念ライブを行った乃木坂46

 人気アイドルグループ「乃木坂46」が22日、埼玉・西武ドームでデビュー3周年バースデーライブを行った。


 自己最多3万8000人のファンを前に正午から約7時間半にわたり、過去に発売したシングル10枚と初アルバムの全収録曲、西野七瀬(20)がセンターを務める新曲「命は美しい」(3月18日発売)など計73曲を披露した。


 この日の西武ドームの最低気温は2度。デビューシングル「ぐるぐるカーテン」でセンターを務めた生駒里奈(19)が「西武ドームのみなさん、こんにちは!」と元気よく第一声を上げると、ステージ上の西野は「寒くないんですよ」と興奮気味に話した。


 ライブ中にはサプライズが続々と飛び出した。3月に発売される最新シングルのアンダーメンバーによるライブ開催や、桜井玲香(20)から社団法人・日本記念日協会によって「2月22日」が「乃木坂46の日」と認定されたことが発表された。


 61曲目の「傾斜する」ではAKB48の小嶋陽菜(26)が“こじ坂46”としてサプライズ登場。「3周年おめでとうございます。お祝いしたいと思って駆けつけました」と祝福しながらも「寒いのは苦手だから帰る」とぶっちゃけ、笑わせた。


 また、5月公開予定の映画「Documentary of 乃木坂46」の特報が上映され、アンコールでは研究生だった伊藤純奈(16)、佐々木琴子(16)、鈴木絢音(15)、寺田蘭世(16)、山崎怜奈(17)、渡辺みり愛(15)の正式メンバー昇格が決定した。


 最後には“乃木坂46新プロジェクトメンバー1期生”を募集する告知が流れた。桜井は「意味がさっぱり分からない。新しいグループってこと?」と首をかしげ、乃木坂46兼任メンバーのSKE48松井玲奈(23)は「姉妹グループとか? あとは妹分とか?」と予測した。

関連タグ: