SKEとNMB シングル3・31同時発売で激突

2015年01月23日 21時37分

 名古屋・栄を拠点とする「SKE48」と大阪・難波を拠点にする「NMB48」が3月31日にシングルを同日発売することが23日、決まった。

 

「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」の3日目公演で、サプライズ発表された。

 

 過去には12年5月2日に当時AKB48に所属していた指原莉乃(22)のソロデビュー曲とAKB48の“公式ライバル”乃木坂46の2ndシングルの同時発売で盛り上がったが、姉妹グループ同士の“対決”は初めてだ。

 

 SKEの須田亜香里(23)は「仁義なき戦いが始まりそう!」と胸を躍らせ、NMBの渡辺美優紀(21)は「これで一つの戦いに決着がつくってことですよね」と気合十分。

 

 バチバチぶりにSKEとNMBを兼任する高柳明音(23)は「SKEのファンの方とNMBのファンの方がケンカしなかったらいいな」と心配そうな顔を浮かべた。

 

 また、アンコール後には「第2回AKB48グループドラフト会議」(東京・江東区の有明コロシアム)の5月10日開催がサプライズ発表された。

 

 横山由依(22)は「これから10年戦っていかなきゃいけないですからね」と決意を明かすと、総監督の高橋みなみ(23)は「さすが次期総監督!」と呼応。続けて、高橋は「どの子を選ぶのか、どの子が選ばれるのか将来を見据えて選ばないといけない。11年目を戦う、未来を担う人たち、ぜひご応募ください」と未来のメンバーに呼びかけた。

 

 同イベントは13年11月以来、2回目。プロ野球のドラフト会議と同じ会場(新高輪プリンスホテル)、同様の方式で行われた。

関連タグ: