元乃木坂46若月佑美が「孤独のグルメ」ウェディングプランナーで初出演

2021年09月04日 06時00分

「孤独のグルメ」第10話に出演する若月佑美

 元乃木坂46で女優・モデルとして活動する若月佑美(27)が、10日深夜のテレビ東京系人気ドラマ「孤独のグルメSeason9」(毎週金曜深夜0時12分)の第10話に出演することが3日、分かった。

 「孤独のグルメ」は原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをもとにドラマ化。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

 若月が第10話で演じるのは、栃木県宇都宮市にやって主人公・井之頭五郎の商談相手となるウェディングプランナーの小坂里美役。キリッとしたスーツに身を包み、熱心に仕事に取り組む女性を熱演している。

 昨年、WOWOWで放送されたドラマ「父と息子の地下アイドル」で松重が主人公の高校教師役を、アイドル役で若月が出演。約1年ぶりの再共演となった。

 若月は「松重さんとまたご一緒させていただけたこともうれしかったですし、『孤独のグルメ』は家族が大好きで、私もseasin1から拝見させていただいていたので、出演が決まったときは感無量でした。頑張り屋で五郎さんを困らせてしまうほどの熱いウェディングプランナーをやらせていただきました」とコメントを寄せた。

関連タグ: