乃木坂46・掛橋沙耶香 新CMでキュートなギター弾き語り「けっこう練習しました」

2021年08月25日 15時24分

絶景で弾き語りをする掛橋沙耶香
絶景で弾き語りをする掛橋沙耶香

 乃木坂46の掛橋沙耶香(18)出演のSUENAGAグループの新CM「弾き語り」篇が、25日から岡山県と香川県で放映開始された。

 4期生の掛橋は、28thシングル(タイトル未定、9月22日発売)で、初選抜入りした期待の若手メンバー。3月から放送された「取り立て屋ハニーズ」(ひかりTVなど)でトリプル主演ながらドラマ初主演を果たした。

 掛橋は自身の地元・岡山県に本社を持つSUENAGAグループのイメージキャラクターを務めており、2回目のCM出演。コンセプトは”ジブンに挑戦する人”。前回のCMではボクシンググローブをはめてアクティブな姿を披露したが、今回は最近チャレンジしているという弾き語りに挑んだ。

 撮影は岡山県の絶景スポットとして知られる王子ヶ岳で行われ、掛橋は「明日を変えるのは誰かじゃなくて自分だから~」と、弾き語りを披露している。

 初めて歌声やギター弾き語りをしたことについて、掛橋は「今までギターを披露させていただくときはライブとかでした。乃木坂46の楽曲を歌わせていただくことが多くオリジナルの楽曲を歌うのは初めてだったので、これが自分の曲なんだという風に大事にしたいという気持ちで練習を頑張りました。けっこう練習しましたね」。

 CMコンセプトにちなみ、自分の「変えたい」部分を聞かれると、「私は高校を卒業して大学に進学したので、これからは物事を判断する時とかしっかり自分で勉強した知識とかを使って自分で判断できるような人になりたいなと思っています」とコメントした。

 地元の穴場スポットについては「有名になっちゃうんですけど、倉敷駅の近くに美観地区っていうところがあって、そこは岡山県に来たことのない方にまず行ってほしい場所ですね」とおススメした。

関連タグ:
 

ピックアップ