乃木坂46秋元真夏の初キスシーンに生田絵梨花「いや~ん」

2014年11月09日 16時01分

左から秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の生田絵梨花(17)、橋本奈々未(21)、秋元真夏(21)が9日、都内で行われた、トリプル主演映画「超能力研究部の3人」(12月6日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。 

 映画は、超能力やUFOを研究する女子高生のSF青春ドラマに、女優として苦悩しながら成長していくメーキング映像を織り交ぜ、虚実が交じり合うドキュメンタリータッチの作品という。

 俳優・葉山奨之(18)を相手に、キスシーンに初挑戦した秋元は「最初聞いた時は、私がキスシーンって大丈夫かな?って思いました。この2人にも言った時に『ええ! 真夏、大丈夫?』ってすごく心配されました」と苦笑い。

 ファンの動揺も大きかったようで、秋元は「握手会でもファンの方に『オレのまなったん(秋元の愛称)が…どうしよう!?』って心配されました」と明かした。

 秋元のキスシーンについて、隣にいた生田は「いや、なんだろう、すごいな~。みんなより一足先にって思いました」と言った後、恥ずかしくなったのか「いや~ん」と身をくねらせた。

 一方、橋本は「(秋元と生田の)2人がもめて、私が仲を取り持つという役だったんですけど、正直それまで2人が絡んだところを見たことなかった」と“不仲説”を暴露した。

「そんなことないよ!」と焦る2人に対し、橋本は「芝居で2人が急速に仲良くなっていった。今ベタベタしている2人を見ると、うらやましいなと思いました。クランクイン前とは違う」。少なくとも以前は不仲だったのか?

 秋元が「もとから仲がいいんですよ、きっと」と慌てて答えると、生田も「役として衝突したことで、絆がより深まった」と否定し、会場の笑いを誘った。

関連タグ: