元乃木坂・宮沢セイラ“不倫騒動”松村「支えたい」

2014年11月04日 14時10分

不倫騒動の松村にエールを送った宮沢セイラ

 元「乃木坂46」のモデル宮沢セイラ(21=T168・B84・W58・H86)が4日、都内の東レ本社で「2015年 東レキャンペーンガール」水着記者発表会に出席した。


 晴れやかに登場した宮沢はメンバーとも心の交流があるという。


「今も仲のいいメンバーとしょっちゅう会って、お互いを高め合っている」というだけに“不倫トラブル”を起こした松村沙友理(22)には「連絡はしていないが、彼女自身にも葛藤があって悩んでいると思う。私は心の中では、まだ乃木坂のメンバーという自負があるので、私でよければ支えてあげたい」とエールを送った。


 そんな宮沢は、乃木坂時代より笑顔が増え、明るくなったと指摘されている。「今の環境がとてもよくて自分のやりたいことがはっきりしている。充実していることが表情に出るのか。でも、乃木坂時代の環境が悪かったわけではない」とか。


 その乃木坂は紅白初出場が期待されているが、宮沢は「出てほしい」と古巣の飛躍を願った。


 なお、これまでは「東レ水着キャンペーンガール」の名称だったが、今回から「水着」を取った。これは昨年、キャンギャルに選んだ森友里恵が事務所移籍トラブルを起こし、空位になったことが発端だ。


「あの件を機にキャンギャルの意義を社内で検討した。30年以上継続しており、社会的認知度が高く、当社の資産といえる。マイナーチェンジは必要だが継続を決めた。費用対効果も大きい」(同社)


 杉本彩、菊川怜、山岸舞彩、鈴木ちなみらを生んだ名門キャンギャルだけに、継続は朗報だ。

関連タグ: