乃木坂46・伊藤純奈 最後のライブで「一生分の愛をもらった」「ああ、終わるぞ…」

2021年05月27日 00時00分

乃木坂46アンダーライブ2021

 人気アイドルグループ・乃木坂46のアンダーメンバー13人が26日、無観客配信ライブ「アンダーライブ2021」を開催。卒業を発表している2期生の伊藤純奈(22)、渡辺みり愛(21)にとっては、今回がラストライブとなった。

 2013年5月に加入した2期生の伊藤と渡辺は、6月9日発売の「ごめんねFingerscrossed」がラストシングル。グループ活動は8~9月までを予定している。

 アンコールで、伊藤は「まだ3か月ほどあるんですけど、このライブがみり愛と私にとって最後のライブでした。スタッフの皆さんに一番感謝を伝えたい。8年前、何も分からず何もできなかった私たちをこうしてステージに立てるように育ててくださって、ほんとにほんとにありがとうございます」と笑顔。「いつもいつも何があっても味方でいてくれて、その存在がいたから私たちもここまで頑張ってくれたと心から思います」と明かした。

「スタッフさんがいなかったら、私はいなかったと思います」と伊藤。一緒に過ごしたメンバーには「約8年間、一緒に活動できてほんとにほんとによかったです。みんな本当にいい子でステキな子だから、こんないい子たちに囲まれて、活動することができて、なんて私はラッキーなんだろうと心から思います」としみじみ語った。

 この日はアンダーライブのため、選抜メンバーらは不在。カメラ目線で「みんなのことも本当に大好きです。ありがとう」と伝え、「私は乃木坂から離れてしまうけど、ずっとずっと応援してますので、頑張ってほしいなと思います。みんな本当に強い子なので、大丈夫だと思います」とメッセージを送った。

 一緒に卒業発表した渡辺については「一緒に卒業発表できて、本当に心強かった。1人で卒業発表する予定だったから、みり愛と一緒に発表できると聞いたときは、うれしいなって心から思ったし、2人でここに立ててるのも本当に幸せです。みり愛には小さなことまで相談していたから、みり愛が乃木坂で同期で活動できてよかったです」と笑顔で見つめた。

 最後にファンに向けて「乃木坂46の伊藤純奈を応援してくださって、本当にありがとうございます。私のいいところなんて数えるくらいしかお見せすることしかできなかったんですけど、私のことを推していてよかったと思ってくれていたら、うれしいです」。

 さらに、伊藤は「私の乃木坂人生のライブが終わるなんて信じられないですけど」と戸惑いつつも「歌ってるところや踊ってるところが好きと言ってくれて、本当にありがとうございました。一生分の愛をもらったなと思います」と明かした。

 それでも最後に「ああ、終わるぞ…」とポツリ。渡辺と共に「ああ、終わりだ~」と名残惜しそうな様子を見せたが、「これからもよろしくお願いします」と2人で笑顔を見せた。

関連タグ: