乃木坂46伊藤寧々 恋愛映画出演「あんまり…」と拒否

2014年06月22日 15時02分

左から能條愛未、伊藤寧々、中田花奈

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の伊藤寧々(18)が22日、東京・シネマート新宿で初主演映画「杉沢村都市伝説 劇場版」(28日公開)の完成披露試写会にメンバーの能條愛未(19)、中田花奈(19)と出席した。

 乃木坂46のメンバーが主演するホラー映画シリーズ「最強都市伝説」3部作もいよいよ第3弾。第1弾「死の実況中継」は能條が主演し、第2弾「デスブログ」は中田が主演を務めた。

 登壇した伊藤は「トイレとかお風呂が怖くなったらごめんなさい。ホラーではあるけど、兄弟愛やお兄ちゃんと彼女の絆があって、感動できる個所もある。私の代表作として、これから愛される作品になったらいいなと思います」と語った。

 緊張気味の伊藤に映画主演経験としては“先輩”の中田が「『(伊藤が)お兄ちゃん!』と声を掛けるシーンがすごくかわいかった」と話せば、能條も「血まみれでお兄ちゃんにハグしにいくのがかわいかった」と感想を述べるなど、ホラー作品ながらアイドルらしい姿も拝めるようだ。

“○×”の札で答える質問コーナーでは「今後は恋愛映画にも出演したいか?」と聞かれ、伊藤は「あんまり、その…」と×印で、中田と能條は○印を出した。

 能條が「学園モノとか制服を着て、甘酸っぱい感じ(の映画)もいいな」と明かすと、中田は「学生時代は女子校で恋愛を目の当たりにしたことがないので、演技だけでも(恋愛を)経験したい。19歳なので、制服を着て学生時代に戻りたいです」と苦笑いし、会場の笑いを誘った。

関連タグ: