乃木坂卒業・白石麻衣は「隠れバラエティー女王」 体当たり企画OKでオファー殺到

2020年10月28日 15時10分

お笑いもイケる白石麻衣

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣(28)が28日午後7時からスタートしたオンラインライブをもって、グループから卒業する。

 モデルや女優として活躍しているイメージが強いが、意外にもバラエティーでも存在感を発揮していた。

「乃木坂46の冠番組では、ヘビやカエルを手に持つ体当たり企画に挑戦し、涙ながらのオーバーリアクションをすれば、罰ゲームとしてコウメ太夫の白塗りコスプレをし、『チクショー!』と叫んで笑いを取ったこともある。数々の女性誌で表紙を飾る美貌を持ちながら、体当たりの姿を見せる。バラエティー業界で『ぜひ番組に!』とラブコールを送る関係者は多い」(テレビ局関係者)

 同じ1期生で、現在キャプテンを務める秋元真夏(27)が冠番組でぶりっ子を発揮すると、白石が「あん?」などとキレる芸「黒石さん」もたびたび話題に。

 一見、近寄りがたいイメージはあるが、ソロ転身後もバラエティーで見せる飾らない姿で新たなファン層を開拓しそうだ。

 すでに8月に開設した自身のYouTubeチャンネル「my channel」では、大好きなUFOキャッチャーに自腹で挑戦したり、絶叫しながらゲーム実況する〝素のまいやん〟がファンに喜ばれている。

 また、音楽専門学校に通っていた白石には、〝DJ転身〟説もある。

 冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、趣味がないという白石は「DJをやりたい。今すごい興味がある」と告白。実際、13tnシングル「今、話したい誰かがいる」に収録された〝個人PV〟で、「DJ MAIYAN」に扮したこともあるという。

 ゆくゆくはDJデビューなんて道もありそうだ。