欅坂46初のドキュメンタリー映画公開 キャプテン菅井友香「不安より感謝の気持ちが大きい」

2020年09月03日 20時22分

イベントに登場した欅坂46

 人気アイドルグループの欅坂46が3日、オンライン配信イベント「『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』公開記念! 前夜祭イベント中継付き上映会」に登場した。

 イベントは、欅坂46の5年間の活動の様子を記録した同グループ初となるドキュメンタリー映画(4日から)の上映会。

 欅坂46は10月開催予定のラストライブをもってグループの名を改名すること7月に発表している。キャプテンの菅井友香(24)は「今は不安とかよりも、こうして欅坂46でいられた時間とか応援してくださった皆さんに対する感謝の気持ちが大きい。楽しい未来を作っていきたい」と話した。

 同作品では、1期生が先輩メンバーに初めてあいさつをするシーンも含まれているという。 

 松田里奈(20)は「あのころはまだ何も分からない状態でこれからどんなふうに活動していくのか不安な思いもあった。このグループで少しでも力になれるようにがんばりたいと思って活動してきたので少しは成長できたんじゃないかな」と振り返った。