欅坂46キャプテン菅井友香「自粛期間中に実は足の手術をしました!」

2020年06月09日 15時56分

菅井友香

 アイドルグループ「欅坂46」のキャプテン菅井友香(24)が8日、自身のブログで、新型コロナウイルス感染拡大対策の自粛期間中に足の手術をしたことを明かした。

「自粛期間中に実は足の手術をしました!」と報告し「足の裏にあった腫瘍が、年々大きくなってしまってきていて、、、何年か前に病院に行ったのですが、摘出するとなると暫くはダンスもできないということで、タイミングを見計らっていたんです」と説明。

 続けて「これを機にMRI検査をしたら、『血管平滑筋腫』という良性の腫瘍でした! 歩く時もズキズキで気になっていたので無事取ってもらえてスッキリ」と手術は成功だったとし「もうすっかり良くなっているので大丈夫です!!」とファンにメッセージを送った。