乃木坂46・与田祐希 初のランジェリー撮影に挑戦「おおっ!てなった」

2020年03月09日 15時40分

与田祐希

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の与田祐希(19)が9日、都内で2冊目のソロ写真集「無口な時間」(10日発売)の発売記念会見を行った。

 3期生の与田にとって2年ぶりの写真集はイタリアで撮影。「大人っぽさ、子供っぽい部分も出ていて等身大で、あまり飾っていない自分らしい写真集になってると思います」とアピール。初のランジェリーカットにも挑戦しており「緊張は撮る前と撮った後にちょっと、おおっ!てなったけど、撮影中は家にいる感じでリラックスしていた」と振り返った。

 5月に20歳を迎える与田は福岡市出身。「大人になる意識がないんですけど、お酒が飲めるようになる。九州の人はお酒が強いと聞きますし、おつまみがすごく好きなので挑戦できたら」と笑顔で話した。

 さらに「身長を158センチまで伸ばしたい。身長は23歳まで伸びると思います。ヒールを履かなくても立てるようになりたい」と意外な願望も明かした。

 この日はヒールを履いていたが、その理由について「ネットで日本人女性の平均身長を調べました。私も平均になりたい。高望みは良くないので」。現在の身長を聞かれると「公式では152センチですけど、私は153のような気がします」とプライドをのぞかせ、報道陣を笑わせた。

 本来なら取材後にファンを対象とした写真集のお渡し会が開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期され、報道陣も全員がマスク姿で取材した。

 与田は「楽しみにしていたので残念です。安心して写真集を渡せる日が来るのを、皆さんも待っていてくれたらうれしいです」。グループとして気をつけていることについては「手洗いとうがいは今まで以上に徹底しています。マスクも今まで以上にしっかりつけて(感染防止の)意識は強くなっている」と明かした。