欅坂46キャプテン菅井友香「艱難汝を玉にす」 2期生に挑戦の心構えを説く

2020年02月25日 15時56分

左から菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、渡邉理佐

 人気アイドルグループ「欅坂46」の菅井友香(24)、土生瑞穂(22)、守屋茜(22)、渡邉理佐(21)、関有美子(21)、田村保乃(21)、森田ひかる(18)が25日、都内で行われた「イオンカード 新生活キャンペーン発表イベント」に出席した。

 OL風ファッションで登場したキャプテンの菅井ら7人。シリーズ第3弾となる新CMは、3月1日に放送がスタートする。今回はメンバーが仕事で壁にぶつかりながらも、成長していく姿を描く。

 2期生の関、田村、森田の3人は新社会人役で初出演。森田は「演技は初挑戦で不安や緊張もありましたが、先輩たちに助けていただきました」と感謝した。

 CM内容に絡めて司会者から「もし欅坂46じゃなかったら何をしていた?」と聞かれると、渡邉は「保育士さんに憧れていたので、保育士さんになっていたと思います」。田村も「保育の勉強をしていたので、オーディションに合格していなかったら、保育士になっていたのかなと思います」と明かした。

 土生は「オーディションを受ける前に、ヘアメークの専門学校に通おうと思っていたので(欅坂)メンバーのメークをしていたかも。人生、何があるか分からないなと思います」と笑顔を見せた。

 また、1期生を代表して、菅井が2期生の3人に新しいことに挑戦する気持ちや姿勢についてアドバイスを送るひと幕も。

「私は『艱難汝を玉にす』という言葉がモットーなんですけど、この言葉は困難とか苦労を乗り越えるほど立派な人間になるんだよという意味。失敗することはあるかもしれないけど、失敗から学べることはたくさんあるし、その経験が血となり肉となる。自信を持って何でも挑戦して、欅坂の力になってもらえたらうれしい」。キャプテンのありがたい言葉に、森田は「心にしみました」と真剣に耳を傾けた。

 さらに、今年の抱負を聞かれた菅井は、先月、平手友梨奈がグループから脱退し、織田奈那、鈴本美愉が卒業するなど大きな変化があっただけに「新しいメンバーが入ってきたり、変化の時期にいるのかなと思います。今までしてきたことを大切にしながら、みんなで力を合わせて新しい欅坂46の可能性を広げていけたら」と決意した。