欅坂46菅井友香 “貢ぎ癖”あるノンスタ石田にビッグすぎるおねだり「馬が欲しい」

2020年01月14日 17時43分

菅井友香(左)と石田明

 人気アイドルグループ「欅坂46」の菅井友香(24)が14日、都内で行われた初主演舞台「飛龍伝2020」(1月30日初日、東京・新国立劇場)の公開稽古に共演のお笑いコンビ「NON STYLE」石田明(39)らと参加。終了後、報道陣の囲み取材に応じた。

 没後10年となる劇作家・つかこうへいさんの名作。安保闘争を舞台に、菅井演じる全共闘を率いる女委員長・神林美智子が革命の夢と現実、愛する者たちに翻弄される姿を描く。

 昨年、つかこうへいさんの舞台「熱海殺人事件」で、元欅坂46で女優の今泉佑唯と共演した石田は自ら「ちょっといいですか、今泉にひとつクレームがあって!」と切り出すと「今泉から『誕生日プレゼントでこの腕時計が欲しい』と言われて、腕時計の写真が送られてきた。実際に買ったんですけど、一向に取りに来ないんですよ! 嫁さんに不倫だと思われてるので、早く取りに来てください」と訴えた。

 男性・女性問わず共演者への「貢ぎ癖」があるという石田。報道陣から「(石田に)何か買ってもらえるのでは?」と振られた菅井は笑顔で「馬が欲しいです!」と趣味の乗馬を絡めたビッグなプレゼントをおねだり。

 これには石田も「馬! それはあかん…横領したやつもいたから」と時事ネタで切り返し、大慌てで断った。

 また、報道陣から「この舞台を(所属する)吉本興業の先輩に見に来てほしいか」と聞かれると、闇営業騒動での謹慎から芸能活動再開を発表した「ロンドンブーツ1号2号」田村亮に「『田村亮一座』とかやっていらっしゃいましたから。時間があったら見に来てほしいですね」とラブコールを送った。

 バラエティー番組「おかべろ」(フジテレビ系)に、レギュラー出演していた亮の後任として出演中。復帰後について「1回、ちゃんとお話ししたいですね」と話した。