【紅白】欅坂46が2年前の“雪辱” 圧巻のステージにウッチャン絶賛

2019年12月31日 21時27分

「第70回NHK紅白歌合戦」(31日、東京・渋谷区のNHKホール)に欅坂46が登場。2年前に紅白で披露した楽曲「不協和音」での“雪辱”を果たした。

「不協和音」は独特な世界観と激しいダンスで人気の代表曲であると同時に、2年前に絶対的センターの平手友梨奈(18)らメンバー3人が、過呼吸のような症状でステージ上で倒れてしまった苦い思い出がよみがえる。

 29日のリハーサルでは音響トラブルに見舞われ、待たされた末に行ったリハーサルで平手が曲を締める最後のポーズでよろめいて右手をつくなど、不穏な空気が漂っていた。しかし、ふたを開けてみればまさに杞憂だった。

 リハーサルとは打って変わって平手の動きにキレが戻るなど、曲の世界観に入り切った完璧なパフォーマンスを披露。2年前の紅白では総合司会ながらコラボした内村も絶賛する圧巻のステージだった。