乃木坂・中田花奈 目指すは「Mリーガー」

2019年12月02日 17時00分

麻雀対局で優勝し、冠番組をゲットした中田

 麻雀といえば、レジャーの多様化で競技人口が年々減少を続けてきたが、昨年にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」が発足。さらに人気アイドルたちが続々と麻雀界に“参入”し、再ブームの兆しだ。

 乃木坂46の中田花奈(25)、AKB48・永野芹佳(18)、NMB48・山本彩加(17)、NMB48・村瀬紗英(22)が1日、CS放送・TBSチャンネル1「トップ目とったんで! 三代目決定戦 生放送で麻雀ガチバトル」で激突した。

 来年1月スタート予定の麻雀番組「トップ目とったんで!」の三代目MCをかけた戦いで、6時間にわたって行われた対局は中田が勝利した。

 MCの座をゲットした中田は「麻雀がとりあえず好きなので、麻雀を打てる機会がこれから増えるのがうれしいです!」と笑顔を見せた。

「トップ目とったんで!」は、2015年8月にNMBメンバーだった須藤凜々花の冠番組として放送開始。17年11月、二代目決定トーナメントを勝ち抜いたNMB村瀬にバトンタッチした。中田は同トーナメントで惨敗するも、最近では麻雀番組に出演するなど着実に力を付けてきていた。

 待望の初冠番組。さらにタイトルも中田の名前に絡めて「トップ目とれるカナ」に変更されることになった。中田は「自分の冠番組を持てるなんて夢にも思わなかった。麻雀を盛り上げていきたい。乃木坂の4期生とか若い子にも打ってもらって、ギャップで麻雀のイメージを変えていってもらえたらと思います」と目を輝かせた。

 今後の夢を聞かれると、「プロ雀士ですかね」と恐縮しながら告白。「Mリーグ」参戦中のモデル兼プロ雀士・岡田紗佳が同番組に出演していたことを聞かされると、「第2のトップ目出身のMリーガーを目指します!」と宣言した。

「NMB48劇場には全自動卓があるといいますし、アイドルがMリーグに参戦したり、アイドルだけで麻雀リーグが行われる日も来るかもしれない」(テレビ局関係者)

 ファンも麻雀を打った後、乃木坂46のライブに駆けつける時代が来るかもしれない!?