乃木坂「アンダーライブ」センターは最年少・岩本蓮加「責任感を実感」

2019年10月12日 00時56分

乃木坂46「アンダーライブ」でセンターを務めた岩本蓮加

 人気アイドルグループ「乃木坂46」のアンダーメンバーが11日、千葉・幕張メッセで「アンダーライブ2019」を開催。10日の公演と合わせ、計1万6000人を動員した。

 乃木坂はシングルごとに「選抜メンバー」と選抜されなかった「アンダーメンバー」に分かれて活動を行う。アンダー公演も人気でチケットは常に完売。今回も合計8万件のチケット応募があり、当選倍率5倍の争奪戦になった。

 今回は最後に披露された「乃木坂の詩」以外はすべてアンダー曲を歌唱。24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月発売)のアンダー曲「~Do my best~じゃ意味はない」でセンターを務めた岩本蓮加(15)がこの日の主役だ。

 アンダーメンバー最年少の岩本は「センターをやらせていただいくことは、こんなに責任感のあることだと改めて実感しました。不安はあったけど、本番が始まったらプレッシャーや不安を感じないくらい熱いライブになっていた」と頼もしい姿を見せた。