乃木坂・伊藤純奈 お仕置き筆頭候補は“先輩イジリ”の田村

2019年10月10日 19時00分

左から伊藤純奈、向井葉月、久保史緒里、早川聖来、田村真佑

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の3期生・久保史緒里(18)らメンバー5人が10日、TOKYO DOME CITY HALLで乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の初日会見を行った。

 月刊誌「なかよし」に、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画「美少女戦士セーラームーン」。昨年、乃木坂メンバーによって演じられた同ミュージカルが好評だったことから、今年も新メンバーでの再演が決定した。

 主人公のセーラームーン(月野うさぎ)を演じる久保は「いい意味で初日来るのかなと日々が続いて。もっともっと追求したい気持ちが増してきた。緊張や不安はありつつも楽しみという気持ちで(初日を)迎えられるのは初めてです」と心境を明かした。

 セーラーマーキュリー(水野亜美)役の3期生・向井葉月(20)は「稽古で他のキャストさんにご迷惑をかけながらも一緒に頑張ってこれた」と話すと、セーラーマーズ(火野レイ)役の早川聖来(19)は「私にとって大きな舞台は初めて。たくさんのキャストさんやスタッフさんに『一緒に頑張ろうね』と励まされて、初日を迎えられたことがうれしい」と笑顔を見せた。

 セーラージュピター(木野まこと)役の2期生・伊藤純奈(20)は、姉御肌でまとめ役となった。伊藤は「私がやってきた舞台の中で一番と言っていいぐらい、稽古が終わってもキャスト同士で話し合いながら作り上げた」と自信を見せた。

 また、「大変だったこと」を聞かれると、伊藤は「私は2期生で(5人の中で)一番先輩なんですけど、この子たちはかわいいけど、手がかかる! それぞれパターンの違う妹が急に4人できたみたいで、大変だった。楽屋でもわちゃわちゃで」と苦笑い。

 セーラームーンといえば、「月に代わって、おしおきよ!」の決めゼリフが有名だ。報道陣から「一番お仕置きしたいメンバーは?」と聞かれるた伊藤はセーラーヴィーナス(愛野美奈子)役の4期生・田村真佑(20)を指名。伊藤が「全員、お仕置きしたいんですけど、私が何をしても(田村は)『純奈さん、かわいい~』みたいなイジリをしてくる。私、先輩なんですけど、イジられたり、なめられてるんです。まあ、かわいいんですけど」と視線を向けると、田村は「なんでですか」と不満げ。しかし、他のメンバーは「選ばれたかった」と田村をうらやましがった。