日向坂46が2万人動員!さいアリで主演ドラマ&クリスマスライブを発表

2019年09月27日 00時00分

さいたまスーパーアリーナで単独コンサートを開催した日向坂46

 アイドルグループ「日向坂46」が26日、さいたまスーパーアリーナで単独コンサートを開催。同グループとしては最大規模となる会場で2万人を動員した。

 2016年5月に、けやき46(読み方・ひらがなけやき)として結成された同グループ。当初は欅坂46の2軍的存在だったが、今年2月11日に現在のグループ名に改名し、3月27日に「キュン」でデビューした。

 冒頭MCで、キャプテンの佐々木久美(23)は「日向坂46が、さいたまスーパーアリーナにやってきました〜!」と絶叫すると、ファンから大歓声が上がった。

 チケットは即日完売で、オープニングから会場のボルテージは最高潮。佐々木は「とってもうれしいです。すごいですね、盛り上がりが。みんなでステキな思い出をつくりましょう」と笑顔を見せれば、同会場がある埼玉県出身の渡邉美穂(19)は「やっぱり生まれ育った土地なので、血が騒ぐ! いつも暴れてるけど、“増し増し”で暴れてます」と声を弾ませた。

 コンサートでは「キュン」「ドレミソラシド」など全19曲をパフォーマンス。中盤には、10月2日に発売されるサードシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」を初披露した。

 デビューシングルから3作連続でセンターを務める小坂菜緒(17)は「私たちの新しい一面が見られるステキな曲です」とアピールした。

 アンコール後には12月17、18日に千葉・幕張メッセでクリスマスライブを開催することを発表。佐々木は「去年は(けやき坂46として)『ひらがなクリスマス』と題して、日本武道館でやらせていただいたけど、今年はどんな名前になるんだろう?」と思いを巡らせた。

 さらに、日向坂46主演のドラマが来年1月に放送されることも決定。放送局、タイトル、内容など詳細は明かされなかったが、すでに今夏に撮影済みという。

 佐々木は「主演のドラマが決定しました! 実は私たちは夏はドラマ(撮影)にささげていたんです。詳しいことはお話しできないけど、これからホームページなどをチェックしてください」とお願いした。

 今回のコンサートは同会場以外に約60か所でライブビューイングが行われ、全国から約2万人が見つめた。佐々木は「もっともっといい姿を見せられるように、成長していきたい。私たちはここでとどまらず世界を駆け回っていけるように、これからも精進していきたい」とさらなる飛躍を誓った。