乃木坂・堀未央奈 初主演映画舞台あいさつで涙「愛を込めて演じた」

2019年06月28日 22時19分

初日舞台あいさつを行った堀未央奈

 アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈(22)、俳優の間宮祥太朗(26)らが28日、東京・江東区で映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」(山戸結希監督)の初日舞台あいさつを行った。

 堀はこの日、沖縄での舞台あいさつから東京に戻ったばかり。「初日を無事に迎えられてホッとしている。この作品はここ豊洲でほとんど撮影した。思い入れのある場所だし、個人的にも遊びに来ている場所なので、ここであいさつできてうれしい」と語った。

 山戸監督は乃木坂46の「ハルジオンが咲く頃」のミュージックビデオを担当したことがあり、その時の印象から堀を主役に抜てきした。堀は3人のイケメン男性に翻弄される女子高生を演じる。

 堀は「心の底からセリフをつくって、一分一秒、愛を込めて演じた。普段、心の叫びを声に出せなくて苦しんでいる方の後押しになれば」とコメント。映画初出演初主演の重圧があったのだろう。撮影中のことを思い出したのか、感極まる場面もあった。

 そんな堀に、兄役の間宮は「初主演映画公開おめでとうございます」と堀を祝福した。ちなみに、間宮は一橋大に通う秀才という設定だが、役名がなぜか人気俳優と同じ「成田凌」だ。

 また、桜田ひより(16)は「姉妹みたいに、会うたびに手をつないで一緒にいる」と堀との仲の良さを明かした。

 イベントには俳優・清水尋也(20)、板垣瑞生(18)、上村海成(22)も出席した。