欅坂卒業の今泉佑唯が“ポスト川栄”の有力候補に

2019年06月03日 17時00分

DVD「今泉佑唯の出逢い旅~20歳の再出発 アイドルから女優へ~」の場面写真

 昨年11月にアイドルグループ「欅坂46」を卒業した今泉佑唯(20)が2日、都内でDVD「今泉佑唯の出逢い旅~20歳の再出発 アイドルから女優へ~」の発売記念トーク&握手会を行った。本格的に女優の道を歩み続ける今泉には“ポスト川栄李奈”の期待が高まっている。

 このDVDは、5月26日に北海道文化放送で放送された自身初の地上波冠番組をまとめたもの。番組の終盤では、秋元康氏が今泉のために書き下ろした欅坂46時代のソロ曲「日が昇るまで」を初披露している。

 3~4月に上演された舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」に出演するなど、女優として活躍中の今泉。この日のイベントには約250人のファンが集まった。ファンからの質問コーナーで、今後演じてみたい役柄について「サイコパス、ブリブリにかわいい役、いろいろやってみたい。あと10センチ髪を伸ばして赤髪にしてみたい」と語り、どよめきを誘った。

 今泉はさらに、火曜深夜に放送中のフジテレビ系ドラマ「人間の証」への出演が決定したことも報告。「放送日はまだ秘密なんですよ~」と言いながら、満面の笑みを浮かべていた。

 欅坂46を卒業後は、大手芸能事務所「エイベックス」に所属している。同事務所には、AKB48を卒業した女優・川栄李奈(24)も所属。5月に俳優・廣瀬智紀(32)との電撃結婚を発表した川栄は妊娠しており、年内に出産予定だ。

 演技力が高く評価される川栄は、AKB卒業メンバーの中でも“一番の勝ち組”という声もあるほどの超売れっ子。業界内では、川栄の出産で空くイスをめぐり、激しい争奪戦が繰り広げられそうだとみられているのは本紙で既報した通りだ。

 そんな“ポスト川栄”の有力候補となりそうなのが今泉だという。欅坂を卒業した後、舞台やテレビドラマに出演するなど着実にキャリアを積んでいる。川栄同様に演技力も高く評価されているし、川栄の空いたイスは十分、狙える逸材でしょう」と芸能関係者はその実力を評価した。