乃木坂・鈴木絢音「舞台で女子のクイズの強さを見せたい」

2019年05月03日 16時56分

昨年の舞台でもヒロインを務めた鈴木絢音(前列中央)

 乃木坂46の鈴木絢音(20)、俳優の西井幸人(23)らが舞台「ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE ROUND2」(8日まで三越劇場で開催)のゲネプロを行った。

 月刊漫画雑誌「ヤングエース」で連載中の高校生の競技クイズを題材とした大ヒット青春漫画「ナナマル サンバツ」の舞台版。昨年5月の初舞台化に続く第2弾となる。

 昨年の舞台でもヒロインを務めた鈴木は、ゲネプロ前に「今回は女性キャストが増えた。お芝居で女子のクイズの強さを見せられたら」と語った。

 昨年の舞台で好評だった、毎ステージごとに出題内容が変わるクイズに挑む「ガチクイズ対決」は今回も開催。臨場感あふれる中、キャストは客席から声援を浴びながらクイズに答えていく。

 今回も主人公を演じる西井は「お客さま参加型演劇ということで、観客の皆さんには○×クイズをやっていただく。恥ずかしがらずに、観劇というより大会に出場するという気持ちでやってもらえたら」と笑顔で話した。