日向坂46改名初ライブに2万4000人超 ももクロ、モー娘に集客力で並んだ

2019年03月07日 16時30分

「デビューカウントダウンライブ!!」を行った日向坂46

 アイドルグループ「日向坂46」(キャプテン・佐々木久美=23)が6日、神奈川・横浜アリーナで「デビューカウントダウンライブ!!」を開催した。

 これまで「欅坂46」の関連グループとして、活動していた「けやき坂46(通称・ひらがなけやき)」が2月11日に「日向坂46」に改名して、公の場で初めてのライブになった。ライブは2部構成で、前半は「ひらがなけやき」「誰よりも高く跳べ!」など「けやき坂46」の楽曲で自分たちの歴史を振り返った。前半最後のMCで佐々木は「これまでありがとうございました!」と「けやき坂46」に別れを告げた。

 後半は27日リリースのメジャーデビューシングル曲「キュン」でスタート。作詞家の秋元康氏による未発表曲「日向坂」がサプライズで披露されるなど、メジャーデビューへの期待感をあおった。佐々木は「私たちは新たな坂を上り始めます。みなさん、ついてきてくれますか?」とファンに呼びかけた。

 晴れて「乃木坂46」「欅坂46」の先輩グループに肩を並べるメジャーグループになったが、ファン拡大のスピードは先輩2グループに迫る勢いだという。「アイドル界でもコンサートで1万人を超える集客力があるのは、AKBグループ以外では、ももクロ、モー娘ぐらい。日向坂は今回、2DAYS公演で計2万4000人ですから。今年の賞レースでも注目の存在です」(テレビ局関係者)

 今年は先輩グループを一気に追い抜くかもしれない。

関連タグ: