西野七瀬 女優成功のカギ握る異例の2クールドラマ

2019年02月28日 11時00分

ゲームで勝利した西野七瀬

 元乃木坂46の西野七瀬(24)が26日、都内で行われた、人気PCオンラインゲームのモバイル版「黒い砂漠」ローンチ(配信開始)発表会に出席した。24日に乃木坂メンバーとしての卒業コンサートを開催して以来、これが初の公の場。すでに女優として出演中のドラマもあるが、成功のカギを握る作品も控えているという。

 同ゲームの新CMにも出演している西野は、この日の発表会に“ソロ”として登場した。

 京セラドーム大阪で24日に行われた卒業コンサートには、会場に約5万人を動員。それを終えて、改めて心境を問われた西野は「どっちの気持ちもあって…。終わってから涙が出そうになって。昨日とか、ライブのことを思い出してウワッてなってた」と告白。その一方で、実感が湧かない部分もあるようで「また普通にメンバーと一緒にいるんじゃないかなとか、そんな気もあって、不思議な感じです」と率直な心境を明かした。控えめな西野らしく、自身の卒業コンサートを報じたニュースは見ていない。「恥ずかしくて。朝、親がニュースを見ていて、テレビの音が聞こえて『私のことをやっているっぽい』と思ったんですけど、恥ずかしくて見られなかったです」とテレ笑いを浮かべた。

 そんな西野は、現在放送中の連続ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(テレビ東京系、月曜午後10時)に出演しているほか、4月期スタートの連ドラ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時30分)への出演も決定している。

 それだけに報道陣から「これからは女優業が中心?」との質問が出たが、女優業だけにとらわれるつもりはないという。「のんびりとやりたい。いただけるお仕事があれば、それを受けて。きた仕事を一つひとつ、丁寧にやっていきたい」。またプライベートでの目標は「車の免許を取りたいです。ヘタかもしれないですけど、今年取れるかな、と希望を持っています」と笑顔を見せた。

 テレビ関係者は「4月スタートの『あなたの番です』は、日テレにっては25年ぶりとなる2クールドラマ。どんなに視聴率が悪くても、6か月間は放送する。ある意味で“大ばくち”です。総勢30人を超える豪華キャストが顔を揃えるが、西野はレギュラーで出演も多い重要な役どころ。ここで結果を出せれば、女優としての評価が一気に上がるでしょう」と指摘する。

 同ドラマの放送枠は、日テレの中でも絶好調。昨年10月期は「今日から俺は!!」、現在は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」が放送され、高視聴率を獲得している。

「あなたの番です」は、今が旬の俳優・田中圭(34)と、地上波の民放連ドラ出演は16年ぶりとなる原田知世(51)のダブル主演。

「ほかにも木村多江、生瀬勝久、竹中直人をはじめ多くの実力派俳優も出演する。西野にすれば、非常にプレッシャーのかかる現場でしょうが、それを乗り越えれば女優としても大きく成長できるはず」(同)

 異例の2クールドラマは、西野の今後を左右する作品になりそうだ。