乃木坂・衛藤美彩が卒業発表 3・19国技館でソロコンサート

2019年02月14日 23時02分

衛藤美彩

 アイドルグループ「乃木坂46」の衛藤美彩(26)が14日、3月末をもってグループから卒業すると公式ブログで発表した。3月19日に東京・両国国技館で卒業ソロコンサートを開催。最後の活動は3月31日の大阪会場(インテックス大阪)での握手会になる。グループ卒業後も芸能活動を続ける。

 衛藤が卒業を考え始めたのは、昨年1月4日の誕生日を迎えたころで「これから先どのようにして生きていきたいかと自分の心の声を聞く機会が増え、より具体的に活動のことも人生のことも考え出すようになったからです」と打ち明けた。乃木坂での約8年の活動を「止まることなく突っ走ってきました」「未熟で子供だった、未完成で不安定だった私は、ここで本当に多くの事を学び 成長させて頂きました!」と振り返った。そして「これから先もっともっと自分の見たことない自分にも出会いたいし、きっと出会えると信じられます」と新たな道を模索したという。卒業後について「不安はゼロではありません。その為に私が選択した道が”卒業”で、大きな一歩を踏み出す勇気を持とうと思いました!」と決意をつづった。

 応援し続けてくれたファンに感謝の言葉を並べた衛藤は、夢だったソロコンサートを国技館で行うことに「最後に皆さんと同じ時間を共有して、私なりの形でこれまでの感謝を伝える場所にしたい!!と思いました」と喜びを表現。「握手会がなければ今の私はいない」と力を入れてきた握手会には全て参加する。

 簿記2級を持つ衛藤は2016年8月に著書「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?」を出版。グラビアでも活躍し、翌17年5月にリリースした初ソロ写真集「衛藤美彩写真集 話しを聞こうか。」はオリコン週間“本”ランキングの総合部門と写真集部門で同時1位に輝いた。

関連タグ: