乃木坂・中田花奈 プロ麻雀&アイドルの二刀流に意欲「目指したいところではある」

2018年12月21日 20時31分

中田花奈(左)と二階堂亜樹

 アイドルグループ「乃木坂46」1期生で麻雀好きの中田花奈(24)が21日、都内で行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ」の試合を観戦した。

 同リーグは10月に開幕して注目を浴びている。中田は2016年に出演した舞台「じょしらく弐 〜時かけそば〜」のセリフで「数え役満」に興味を持ち、麻雀に熱中し始めた。今では「何時からでも、何時間でもできる」と入れ込んでいる。乃木坂メンバーにも「勧誘している。ルールを覚え始めてくれた子が2人いる」と、ともに2期の北野日奈子(22)、佐々木琴子(20)を取り込んだという。

 プロ雀士でMリーガーの二階堂亜樹からプロ雀士への転身は「どうですか?」と水を向けられると「勉強しときます」と恐縮気味。社交辞令かと思いきや、報道陣からさらに聞かれると「全然やりたい。目指したいところではある」とアイドル兼雀士の二刀流に意欲をのぞかせた。

 打ちたい相手は麻雀番組「熱闘!Mリーグ」(AbemaTV)でMCを務める「爆笑問題」田中裕二(53)。「田中さんと打てるようになったらスゴいと思う」と目を輝かせた。

関連タグ: