「乃木坂46」海外単独公演大成功!“カワイイ文化”を世界に!!

2018年12月03日 16時30分

ファンを熱狂させた西野(右)と齋藤

 人気アイドルグループ「乃木坂46」が1日、中国・上海の上海メルセデスベンツアリーナで初の海外単独公演を開催。年内で卒業するエース・西野七瀬(24)や次世代エースに期待される齋藤飛鳥(20)ら21人のメンバーが1万人のファンを熱狂させた。

「上海、会いたかったよ! 思いっきり楽しんでいきましょう!」

 西野の呼びかけから初の海外公演はスタートした。“初めまして”の意味も含め「インフルエンサー」「シンクロニシティ」などシングル表題曲をメインにしたセットリストで、全28曲をパフォーマンス。メンバー一人ひとりが中国語で自己紹介をするシーンもあった。

 1万人の9割以上が中国人ファン。中国語だけでなく、日本語でも絶えずメンバーの名前を呼んだり「ありがとう!」などと大きな声援を送った。

 アンコールで、西野がセンターを務める最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」を披露すると、ファンの有志で作られた「ありがとう」と書かれたプレートが客席を埋め尽くした。

 歌唱後、西野は「涙をこらえてたけど…みなさんにとどめを刺されちゃいました」と現地ファンからの“プレゼント”に感激。涙をこぼしながら「みなさんと会えることをこれからもっと乃木坂46でできれば。私は卒業してしまうけど、みなさんに会える機会が増えるようにみんなで頑張っていきます」と宣言した。

 2日、本紙などの取材に応じた西野、齋藤、秋元真夏(25)の3人。齋藤は「イベントなどでアジアには何か所か行かせていただいて、何となくファンの方がいることは理解はしてたけど、現実としてあまり捉えられなくて。『本当に好きなのかな?』と思ってたんですけど、私たちのためにこんなに集まって声を出してくれるんだ、とファンの方がいることをリアルに感じられたことがうれしかった」と話した。

 アジア進出“第2弾”として、来年1月27日に台湾・台北で単独公演を行うことも決定済み。

 ミャンマー人の母を持つ齋藤は「(アジア進出を)母親がすごく喜んでくれる。私も海外に行くのも海外でお仕事をすることも好き。今回も刺激を受けたので、今後もそういう機会が増えれば」と意気込んだ。

「乃木坂46の握手会には、アジア各国からファンが訪れている。すでに『カワイイ』という日本語が世界中に浸透していますが、その役割を担っているのは日本のアイドルたち。美少女揃いの乃木坂46はこれから“カワイイ文化”をさらに世界に広める役割を果たしていく」(出版関係者)

 乃木坂46関係者によれば、今後は中国をはじめとして現地スタッフを増員し、アジア進出を本格化させる予定だという。

 今、日本で最も人気のあるアイドルグループに成長した乃木坂46。アジア圏でも“乃木坂フィーバー”を起こせるか。

関連タグ: