吉本坂46メンバー発表 トレエン斎藤や極楽山本に元NMBりぽぽも

2018年08月20日 23時07分

斎藤司ら吉本坂46メンバー

「乃木坂46」「欅坂46」に続く“坂道シリーズ”第3弾として秋元康氏(60)がプロデュースする、吉本興業のアイドルユニット「吉本坂46」のメンバー発表お披露目会が20日、都内で行われた。

 メンバーにはお笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭壱(50)、「ココリコ」遠藤章造(47)、元NMB48の三秋里歩(23、NMB在籍時は小谷里歩)と高野祐衣(24)ら46人が決定。暫定センターは「トレンディエンジェル」斎藤司(39)と「スパイク」小川暖奈(28)が務め、最年長は63歳の村上ショージと、吉本らしい多彩なメンバー構成になった。

 応募総数1747人の中から選ばれた山本は「加藤から仕事を選んでる場合じゃないだろ、全力で受けてみろ!と言われた」と、相方の加藤浩次(49)に背中を押されてオーディションを受け続けた結果だと明かした。

 その上で「受かった以上は、これで『スッキリ』に少しは扱ってもらえるんじゃないか」と本格的なテレビ復帰への淡い思いを吐露。報道陣に向かって「スッキリさ~ん!」と番組クルーに呼びかけたが、この日は来場していないとあって完全な肩透かしを食らった。それでも、すぐさま「紅白も出たいですね! あと2020年の東京五輪の開会式もやっちゃいましょう!」と大目標をブチ上げた。

 暫定センターに抜てきされた斎藤は「男女混合のグループなので、メンバー内恋愛だけはやめてほしい。付き合うならいいけど、ワンナイトだけは…」と早速グループの引き締めを図った。

関連タグ: