乃木坂46白石麻衣の投げキスに女性ファン歓喜

2018年05月19日 21時30分

白石麻衣

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣(25)、西野七瀬(23)、齋藤飛鳥(19)、星野みなみ(20)ら総勢14人のメンバーが、日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」(19日、千葉・幕張メッセ)でモデルとしてランウェイに臨んだ。

 白石といえば、2ndソロ写真集「パスポート」が18度目の重版となり、累計発行部数30万部を突破したばかり。ステージ前方で“投げキス”をすると、モデルとしても活躍しているとあって、会場を埋め尽くした女性ファンから大歓声が起こった。

 ライブステージにも登場した乃木坂46は、今回で11回目の出演となり「最多出演アーティスト記録」を更新中。最新シングル「シンクロニシティ」ほか全4曲を熱唱した。

 また、デビュー以来、連続出場中(5回目)の「欅坂46」も登場。キャプテンの菅井友香(22)は「ガールズアワードは年々パワーアップしてますけど、そのステージに出演させていただいて、とても光栄です。今年も皆さんと最高に楽しい時間を過ごせたらと思います」とあいさつ。最新シングル「ガラスを割れ!」ほか3曲を披露した。

 その後、欅坂46のメンバーは、女性ファッション誌「non‐no」の専属モデルとしても活躍する渡邉理佐(19)ら5人がランウェイも行った。

関連タグ: