生稲晃子氏が〝朝食抜き〟の初登院 新人議員として「先生方に教えていただきたい」

2022年08月03日 11時30分

生稲晃子参院議員(東スポWeb)
生稲晃子参院議員(東スポWeb)

 自民党から参院選に出馬して当選した元おニャン子クラブの生稲晃子氏(54)が3日、国会に初登院した。

 生稲氏は議員バッジの感想を問われ「重いですね」と神妙な表情。今朝の朝食は「食べていません。今日は緊張で何も口に入れることができませんでした」と明かした。

 選挙中は候補者アンケートの不備が批判された。また、投開票日にはテレビ東京系「池上彰の参院選ライブ」において「資質、勉強が圧倒的に足りない」ことを理由にテレビ局のインタビューを断っていると暴露され、生稲選対が抗議する騒動もあった。

 生稲氏は「今はすべてを吸収していきたい。(先輩の)先生方に教えていただけることは教えていただきたい」「改めて62万もの票をいただいたことに重みを感じて、身の引き締まる思いでいますが、これからは国会議員の1人として一日一日を大切に一生懸命働いていきたいと思います」と意気込んだ。

関連タグ: