小倉優子が別居夫とようやく離婚 ママタレ価値に影響は…

2022年07月28日 05時15分

離婚を発表した小倉優子(東スポWeb)
離婚を発表した小倉優子(東スポWeb)

 タレントの小倉優子(38)が27日、自身のインスタグラムで離婚を発表した。これで2回目の離婚となるが、最近は〝シングルマザー〟の印象も強く、ママタレとして大きな影響はなさそうだ。

 インスタで「2022年7月27日に離婚したことをご報告いたします。今後とも、子育て、仕事と努力を重ねて参りますので、温かく見守っていただけましたら幸いです」と報告した。

 小倉は前夫との間に2人の男児をもうけるも、2017年に離婚。翌18年に歯科医師A氏と再婚したが、第3子を妊娠中の19年12月、A氏が家を出たことが発覚した。

 芸能関係者は「別居理由に関してはさまざまなことが言われていましたが、その後は小倉の方が何とかヨリを戻そうと動いていた節はあります」(芸能関係者)

 別居中の20年7月に第3子を出産した小倉は、子どもたちを養うため仕事にまい進。現在は情報番組「ポップUP!」(フジテレビ系)でレギュラーを務め、バラエティー番組の企画で早稲田大学受験に向けて猛勉強を続けている。

「ママタレにとって離婚は大ダメージになりかねないが、1回目の離婚の時も好きなママタレランキング上位に食い込んでいました。再婚したものの同居より別居期間の方が長く、世間に別居も報告していたので、離婚といっても世間の受け止め方が変わるわけでもない。いままでと変わらず、バリバリ仕事はできるでしょう」(前同)

 再びシングルマザーになったが、ママタレ界でのポジションは変わらないだろう。

関連タグ: